トップページ > 風俗などセックスをあつかう雑誌はトラブルが生じることもある?

嘘をついて賠償金を取ろうという人も実際にいるらしい

雑誌を今すぐに差し止めないとさ、ヤバイよ。オマエらどうなるかわかっているよな?」そんなことを延々と怒鳴りながら、すでに相談しているらしい弁護士と携帯で話しているフリをしていた。裁判所という単語が聞こえるが、おそらくすでに予定してあった場面である。その場を有利に持っていくように演出しているのだろう。弁護士と話している演技をして、裁判、被害届などの言葉を聞こえるように話をして、こちら側から、「訴えられるのと、出版差し止めは本当に困る」と、金の話をすることを待っているのだった。

姉の恋人なる素性はおそらく嘘であり、百万円単位の金額を予定して強請りに来ていることは明らかだった。だいたい大方の一般人は、出版社が貧乏だってことを知らない。底なしに金を持っていると思っていて、膨大な労力がかかって信用と利益を失う「出版差し止め」という言葉を簡単に口にして、頭の中にその法外な金額を思い浮かべている。発売したばかりの大部数の雑誌を回収して、彼らが求めている金銭を支払えば出版社は潰れる。

「社長と相談します。うちの出版社は業界でも有名なワンマン会社で、社長の決裁がないと消しゴムひとつ買えないんです。わざわざ来て頂いたのに申し訳ありませんが、私にはなにひとつ決められないんです。後でご連絡いたしますので、今日のところはお引き取りくださいませんか?」みたいなことを原稿を書きながら、もう十回くらい言っている。美人局は僕がなにかを喋るごとに感情的になり、大きな声を出した。「ふざけんじゃねえぞ、何時間待たせるんだよ。オマエが話にならないんなら、社長出せよ。



一般人から金をだまし取るオレオレ詐欺や女を使って人を追い込む美人局など、不良を貫いている人たちにとっては許しがたい半端な行為であり、筋の通ってない愚行である。ミスった弱みを握られてなかったら、真っ先にお願いしてコトは片付くのだろうが、ここは丁重に断わった。

さて、名波ゆらである。母親の病気を知って生活が激変した高校時代は、彼女にとって深刻な時期だったようである。声のトーンが少し下がり、表情はどんどん暗くなっていった。「もう、どこにも居場所がないって感じ。人が信用できないっていうか、なにもかも失ってヤケを起こしたみたいな。万引きは友達と、援交は一人でやってた。高校生とかってお小遣い少ないじゃないですか。

新着情報

2014/05/21 Recommendを更新しました。
2014/05/17 新着記事を更新しました。
2014/05/16 アメリカに出張を更新しました。
2014/05/13 フツーの女子高生を更新しました。
2014/05/11 勧められて借金を更新しました。
2014/05/09 プラス思考の前向きを更新しました。
2014/05/08 風俗などセックスをあつかう雑誌はトラブルが生じることもある?を更新しました。
2014/05/05 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト

ゾクゾク

デリヘル・ソープなどの風俗店検索・割引チケット・イベント情報などをご紹介。

ビッグデザイア

各エリアから届いたホットな情報をダイジェストで配信!

フーゾクDX

風俗情報とデリヘル検索の完全無料サイト